フランチャイズと独自開業を比較して見てみよう!

皆さんは、開業を考えた時どのような方法で開業を考えているでしょうか?開業には種類があるので、自分に合った開業でお店を持つのがお勧めです。ここでは、フランチャイズと独自開業を比較し、それぞれの特徴、メリット・デメリットをお伝えします。是非、開業する際の参考にして下さいね。

独立起業の種類について

独立開業とは?

独立開業と一言で言っても、実は、大きく3つのタイプに開業の種類を分けることが出来ます。先ずは、経験を活かした独立開業です。今まで会社勤めだった方が、その経験や人脈を活かして開業する方法です。この場合は、自分でノウハウや見込み顧客がいる為、少ない労力で事業を始めていくことが出来ます。次は、ゼロからスタートする独立開業です。これは、自分が全く違う業界でゼロからスタートします。なので、自分のアイデアや情熱が不可欠であり、実現に向けた資金と時間も必要ですが、成功した際の喜びはとても大きいものがあります。

そして最後は、フランチャイズ加盟での独立開業です。この選択肢は、フランチャイズ加盟することで、既にある業態ノウハウを得て開業する方法になります。企業の看板やノウハウを受けた独立なので、軌道に乗るのも時間がかかりません。しかし、加盟料がかかるので、自分独自の仕事にしづらい点も挙げられます。このように、独立開業の方法は一つではありません。色々なタイプがあるので、それぞれの特徴を理解した上で開業を考えるのがお勧めです。

独立開業にお勧めしないビジネスとは?

独立開業にお勧めしないビジネスには、幾つかの条件があります。先ず1つ目は、初期費用が高いことです。店舗改装の必要がある際、新たな機械導入を行いますが、初期費用が高額になる場合は独立開業には向きません。独立開業の準備時間がかかったり、資金調達で苦労したり、運営していく上でのリスクが高くなる可能性があります。次に2つ目は、リピーターを得にくいことです。一度購入して終わり、何年も交換・追加購入が不要なビジネスは、独立開業にはお勧めしません。

開業では、常に新規顧客獲得が必要なので、継続出来るビジネスには必ずリピーターが必要なことも覚えておきましょう。そして3つ目は、利益率が低いことです。これはどの職種でも同じですが、利益率の低いビジネスは維持が大変です。利益率が低いとなると、利益確保の為に売上を沢山取っていかなくてはなりません。すぐ売り上げを取って行けると言う保証は無いので、ビジネスリスクは高いと言えます。このように、独立開業に向かない特徴には共通したルールがあるので、これらの点を踏まえて開業ビジネスを始めていくのがお勧めです。

一般的な独立開業の特徴とは?

個人・法人事業主の違い
先ず、個人事業主で開業する場合には、税務署へ個人事業の開業・廃業等届出書と青色申告承認申請書の提出で完了です。個人事業主は、経費認証の範囲が法人よりも狭いので、個人の確定申告で行います。また、社員が5人未満の場合、社会保険は会社負担分がゼロとなっています。また、赤字売上の繰り越し年数は3年で、金融機関からの信頼は法人よりも低いです。一方、法人起業する場合は、登記申請書類と定款を作成し、法務省に書類を提出・申請します。

個人事業主と比較すると、経費認証範囲が広いので生命保険も経費に含まれ、社会保険は会社負担分です。また、法人決算書で申告を行いますが、税理士が必要になる場合もあります。赤字繰り越し年数は9年で、事業廃止の際には解散登記や広告が必要となっており手続きが複雑です。法人起業では、何の事業を行っていない場合でも年間30万円程度のコストがかかるので、節税や補助金制度の活用を考慮しても、起業するメリットが大きくなるのは年商800万~1000万円を超えた場合になります。

独立開業のメリット・デメリットとは?

独立開業のメリットは、基本的に自分で物件や設備などを手配し、開業まで全て自分で進めていく独立開業ですが、サポートを受けることが出来ない代わりに、毎月ロイヤリティの支払いは無いので、経営負担は軽減します。また、お店のメニュー開発、販売アイテム、店舗内装・外装も自分が決定していけるので、お店つくりの自由度は高いです。

また、開業するお店の業界で勤務経験が長い方や、技術がある方、ノウハウを持っている方、身近にサポートしてくれる人がいる方であれば、独立開業もお勧めです。一方、デメリットは、独立開業では、店舗や経営などの様々なことを、全て自分で決断し行っていく必要があります。なので、分からない点も自分でリサーチしていくので、時間がかかり余計なお金がかかる場合もあります。

失敗例としては、例えば、飲食店を経営する場合、料理人としての腕は良いものの、経営者としての知識や接客が出来ないことで苦労するという方がいます。いくら美味しい料理が作れても、良い接客が出来なければお客さんは離れるものです。なので、自分が得意としない部分に関しては、他の方に任せるなどの対策を取って上手くいくバランスも大切です。

フランチャイズ開業の特徴について

フランチャイズとは?

フランチャイズと言うのは、ランチャイズ本部との間で契約を結び、加盟店となることです。本部は加盟店に対して、店舗運営に必要な情報、必要商材、ノウハウ、技術などを提供しますいが、ノウハウ提供の際には別途で教育研修の機会が設けられる場合も多いです。加盟店になると、開業するにあたり一定費用を本部に支払い、教育研修などを経て広報・宣伝活動やサービスを展開します。
店舗の月々の売上げの一部を本部にロイヤリティで支払うのが通常の仕組みです。金額や支払方法などに関しては、フランチャイズ契約の内容などによって異なってきます。本部によっては、月額固定ではなくて売上高の何%と設定している場合もあります。

フランチャイズのメリット・デメリットとは?

フランチャイズのメリットは、フランチャイズ組織から色々と運営していく上でのノウハウを教えてもらうことが出来たり、物件や従業員を紹介してもらえたり、手厚いサポートを受けて開業を進めていくことが可能です。例えば、飲食店のフランチャイズの場合、食材仕入れや販売するノウハウなど、売上を取っていく為のノウハウをしっかり持っています。
なので、初めて飲食店を開業する方であってもスムーズに開業出来ます。一方、デメリットは、フランチャイズ組織によっても変わりますが、初めに加入金で大きな金額が必要であったり、毎月のロイヤリティでお金を収める必要があったり、システムがあります。また、営業に関しても、組織方針にある程度従っていく必要があるので、事前確認しておかないとトラブルに発展することもあります。特に、新メニュー開発、金額調整、店舗名など、こられに関しては自由度が少ないと考えておきましょう。

まとめ

ここでは、フランチャイズと独自開業を比較し、それぞれの特徴、メリット・デメリットをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?開業形態は、主にフランチャイズ、独立の形態があり、「お店を開きたい」と思った場合、「自分のお店を持ちたい」「他とは違うお店を開きたい」など、開業の想いは様々です。
自分の想いを叶える為にも、どうお店を経営していきたいかしっかり考えて、自分が立てたプランを着実に進めていくようにするのがポイントです。開業したい気持ちはあるが具体的には何も決まっていない方には、話を聞くことで整理も出来るので、色々な説明会に足を運ぶのも一つです。